3月 21 2017

ハプニング性のカタマリ、ピンクコンパニオン

ピンクコンパニオンはそれほど安い遊びではない・・・という話をしました。

確かに風俗系とくらべてみても結構なお金がかかってしまいます。

ただそれを上回る楽しさがあるんですよね。

だから私たちも未だに悪友たちとピンクコンパニオン遊びをしているわけなんですけどね。

やっぱり予定調和の遊びっていうのは、あまり面白くないじゃないですか?

私は風俗にも時々行きますが、それはそれで楽しいと思います。

でもやっぱり予定調和的なところがありますよね。

放出して終わり・・・・的なところ。

男ってそういうものにでも結構なお金を使ってしまえる、ま、ちょっと間抜けな生き物でもあるんですが、とは言え、そこに疑似恋愛的なものを求めないでもないわけですよね。

(まあ鬼畜のように、出せればいいという方もおられると思いますが・・・・好みはいろいろありますので・・・)

関連記事≫http://news.livedoor.com/article/detail/11219372/

風俗の金を払ってヌイてもらって終わり・・・的な流れにちょっと飽きが来ていたらピンクコンパニオン遊びはちょっとおすすめです。

何が起こるかわからない、ハプニング性はかなり高い遊びですからね。

もちろん予定調和がないだけに、残念な結果に終わる・・・というのがないというわけではありません。

ただ、こちらの持っていき方によってはかなり面白い遊びが出来ちゃうのがピンクコンパニオン。

若い女の子と、あんな遊びやこんな遊びができる機会っておじさんたちにはそうそうないですからね。

これは人生で一度は味わってほしい遊びだと思ってます。

Comments are closed.