3月 31 2017

ピンクコンパニオンと1対1

ピンクコンパニオン場合、だいたい3対1とか5対1くらいで頼んで盛り上がる・・・・というのが通常のパターンだと思います。

私たちもそれくらいで楽しむことが多いです。

そうすると風俗よりはちょい安い感じで楽しめますしね。

下手なキャバクラに入れ込むよりずっといいと私は思ってます。

コスチューム指定は料金に含まれているところも多いので、みなさんのお好みのまま。

ただ派遣クラブによっては得意のパターンというのが存在しますから、それを頼むのもいいかと思います。

ですが、ピンクコンパニオンの究極の遊びはやはり1対1。

ちょっとした風俗よりは高くなります。

このピンクコンパニオンとの1対1は結構な遊び。

これはかなりはまります。

もちろんリスクはありますが・・・・

そうなんです。

一番のリスクがチェンジ不能な事。

これはノーマルコンパニオンでも同じなのですがチェンジは不可能です。

デリヘルみたいな風俗であれば、気に入らなければいくらかお金を払って、チェンジすることができますが、ピンクコンパニオンでは出来ません。

所属事務所が現地以外の場所から派遣してくるわけなので、それはまったく無理っていうことなんですね。

ですから一発必中。

好みはしっかりと伝えておかなくてはいけません。

特に1対1の場合はですね。

こちらが数名いる場合は、きちんとそれぞれの好みを伝えて置くこと。

でないとピンクコンパニオンが来た時、どの娘が誰に・・・・というセッティング段階で不協和音が出ることもありますからね。

Comments are closed.